top of page

今年の見どころをご紹介!まもなく開催「ARTISTS' FAIR KYOTO 2024」


京都府、京都新聞、ARTISTS’ FAIR KYOTO実行委員会は、歴史ある京都を舞台にしたアーティスト主導のアートフェア「ARTISTS' FAIR KYOTO 2024(アーティスツ フェア キョウト)」を2024年3月1日(金)から開催します。(メイン会場は、2024年3月1日(金)から3月3日(日)、アドバイザリーボード展は、2024年3月1日(金)から3月10日(日)まで)

7回目を迎える本フェアは、次世代のアーティストが世に羽ばたくためのきっかけづくりとして、また来場者とアーティストとのコミュニケーションを生み出す場として、美術展とアートフェアをボーダレスにスケールアップしながら成長を続けて参りました。


メイン会場は、今回初となる京都国立博物館 明治古都館と例年インダストリアルな空間で作品を演出する、京都新聞ビル 地下1階に。アドバイザリーボード展覧会会場は、2022年以来2回目となる世界遺産の音羽山 清水寺に決定しました。これらの趣のあるユニークヴェニューで、ペインティングからテクノロジーを駆使したインスタレーションまで、多種多様な表現手法の作品を披露します。

会期中は、京都府京都文化博物館 別館を会場に、アーティストらを交えた協賛企業主催のシンポジウムや批評家の育成と活動の助成を目的として行われる、若手批評家育成プロジェクト「歴史・批評 ・芸術」のトークイベントも開催します。

そして、フェア開催にあわせて「ARTISTS’ FAIR KYOTO」のコンセプトに共感いただいた企業とともに、過去に「ARTISTS’ FAIR KYOTO」に出品した作家などとコラボレーションし展覧会を開催する「ARTISTS' FAIR KYOTO:SATELLITE 2024」やフェア開催直前に開催される「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2024 マイナビ ART AWARD」の授賞式も開催します。

ほか、連携イベントとして、過去出品アーティストも参加するオープンスタジオ企画を開催。アーティストの創作の裏側にスポットを当てて、京都市内6箇所の個性豊かなシェアスタジオを限定公開します。 多数のアートプログラムで彩る、早春の京都をお楽しみください。

ARTISTS’FAIR KYOTO 2024

メイン会場

会 場:

京都国立博物館 明治古都館(京都市東山区茶屋町527)

京都新聞ビル 地下1階(京都市中京区烏丸通夷川上ル少将井町239) 

日 程:2024年3月1日(金)~3月3日(日)

時 間:

京都国立博物館 明治古都館 9:30 ~ 17:00(最終入場16:30)

京都新聞ビル 地下1階 10:00 ~ 17:00(最終入場16:30)

アドバイザリーボード展覧会会場

会 場:音羽山 清水寺(京都市東山区清水1丁目294) 

日 程:2024年3月1日(金)~3月10日(日)

時 間:10:00~17:00(最終入場16:30)

ウェブサイト:https://artists-fair.kyoto/ 広報素材はこちら



閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page