審査員に深澤直人、谷尻誠、吉田愛らが参加、広島発のデザインを世界に発信!HIROSHIMA DESIGN CHALLENGE 2021 始動


「街なかをピースにするデザイン」にチャレンジする広島県の事業者を募集

株式会社ロフトワークは、広島県とともに県内事業者が主体的に「デザイン」を活用し、クリエイターと共同で新たな製品やサービスの開発に挑戦するプロジェクト「HIROSHIMA DESIGN CHALLENGE」を2021年3 月8 日(金)より開始いたします。

「イノベーション立県」を掲げる広島県は、持続可能な経済社会を実現するため、新たな価値やサービスが沸き起こるイノベーション・エコシステムの構築に向けた取組の一環として「ひろしまサンドボックス」の取り組みを2018 年から実施してきました。この動きに加え、本プロジェクトを通して、イノベーションの原動力となる「クリエイティブな人材」を広く求め、県内事業者との共創により創造性豊かな広島発のクリエイティブを発信

していきます。

今回のテーマは「街なかをピースにするデザイン」。原爆の投下から75 年。壊滅的な状況から復興を成し遂げた平和拠点として世界中から認知される広島県は、これからも平和に貢献していく使命があると考えています。広島デザインについて考えていくうえでも「平和」というキーワードは不可欠な要素「piece ( ピース)」ととらえ、テーマの中心に「Peace(平和)」を据え、世界に発信できる街なかの空間や設置物等の開発に挑みます。

審査員およびアドバイザーとしてデザイナーの深澤直人、建築家の谷尻誠、吉田愛(SUPPOSE DESIGN OFFICE)、編集者の柴田隆寛ら世界を舞台に活躍するクリエイターを迎え広くアイデアを求めます。現在、広島県内の参加事業者を募集中。4 月12 日(月)

からは、クリエイターの募集を開始いたします。エントリーはロフトワークの運営する共創プラットフォームAWRD より。詳細は以下URL をご覧ください。


■事業者公募:2021 年3 月8 日(金)~3月26 日(金)| クリエイター公募:2021 年4 月12 日(月)~5 月30 日(日) 

公式ウェブサイト:https://awrd.com/award/hiroshima-design-2021


▼広報素材はこちらから http://bit.ly/3aYIHeA

8回の閲覧0件のコメント