世界遺産・清水寺でアドバイザリーボードによる初の展覧会を開催「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2022」


一般非公開エリアも展示会場に。1200年の歴史を誇る清水寺で、

国際的に活躍するアーティストの代表作から新作までを一挙公開


歴史ある京都を舞台にしたアーティスト主導のアートフェア「ARTISTS' FAIR KYOTO 2022(アーティスツ フェア キョウト)」(主催:京都府、京都新聞、ARTISTS’ FAIR KYOTO実行委員会)は、2022年3月5日(土)から3月13日(日)まで、世界遺産の清水寺を舞台に、若手アーティストを推薦する「アドバイザリーボード」による初の展覧会を開催いたします。

清水寺の西門、三重塔、経堂(重要文化財)、成就院(重要文化財・一般非公開)の4箇所を中心とした会場では、本イベントのディレクターを務める椿昇をはじめ、加藤泉、塩田千春、名和晃平、宮島達男ら国際的に注目を集める14組のアーティストが参加、代表作から新作までの作品が一堂に会します。


1200年もの歴史を誇る清水寺の会場を巡りながら現代アートを鑑賞できるスタイル

は、五感を通して空間、アートを感じていただけるので、普段とは異なる特別な鑑賞体験となるでしょう。歴史的建造物の貴重な空間で、日本を代表する現代アーティストたちの共演にご注目ください。 メイン会場:2022年3月5日(土)・3月6日(日)

清水寺会場:2022年3月5日(土)ー 3月13日(日)

https://www.artists-fair.kyoto/


広報素材はこちらから


閲覧数:26回0件のコメント