この秋、台湾の香り漂う庭園で、文化を映した作品に出合う。台湾デザインの祭典「未来の花見:台湾ハウス」



日本と台湾のクリエイティブシーンの立役者によるクロストークも開催 ▼広報素材はこちら https://bit.ly/3CIVfSp


台湾クリエイティブの祭典「未来の花見:台湾ハウス」が2021年10月2日(土)~ 17日(日)までGOOD DESIGN Marunouchiで開催されます。

コロナ禍でさらに深まった日本と台湾との友情を「花」というモチーフで表現し、日本で“未来の花見”という名の宴を催すことで、再会を待ち望む気持ち、そして台湾の自由な文化と多様なデザインを届けたいという想いが込められています。


ここ10年で多様な変化をもたらした、台湾デザインの特徴を「リソースの統合」、「社会への応用」、「時代に応じるパワー」の3つに分けて、台湾デザイン産業の象徴的な10の事例を紹介します。さらに、今、台湾で最も注目を集める8組のクリエイターが、サステイナブルで再生可能な素材を使用し、台湾の植物のイメージを再解釈し、台湾のデザインエコシステムの多様性と協調性を表現します。


「台湾の庭園」をイメージした会場では、台湾茶香水ブランドが桃園国際空港のために開発したオリジナルの香りで来場者を包み込むようにお出迎えします。

会期中は、第一線で活躍する日本と台湾ゲストを迎えた記念トークセッション(オンライン)も開催いたします。 本イベントは東京展を皮切りに、京都へも巡回いたします。


未来の花見:台湾ハウス

東京展

日付:2021年10月2日(土)~ 17日(日)  

時間:11:00~19:00  

   ※10/3は停電のため、17:00からの開場となります。

会場:GOOD DESIGN Marunouchi(入場無料) 

   東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1F

TEL 03-6273-4414 公式サイト:https://www.taiwannow.org/jp/program?id=1 「未来の花見:台湾ハウス」トークセッション : https://note.com/taiwan_house


助成/文化部

主催/財団法人文化台湾基金会

実施/台湾デザイン研究院

協力/公益財団法人日本デザイン振興会

キュレーター/Plan b、Double-Grass

アドバイザー/method inc.

5回の閲覧0件のコメント