現代版寺子屋「スクール・ナーランダ」が2年ぶりに開催決定!


僧侶に加え、吉田尚弘(生物地球化学者)、米田年範(SREU)、中村明珍(農家・僧侶)ら多様な講師陣を迎え、山口別院にて開催。


浄土真宗本願寺派が主催する現代版寺子屋「スクール・ナーランダ」。僧侶、科学者、芸術家など多様な分野の講師が集い、毎回予想を超えた化学反応が起こる学びの場です。第6回は、2022年2月12日(土)・13日(日)の2日間、山口市の山口別院にて開催いたします。

かつて日本を大きく変えた「明治維新」のうねりを作りだした山口でのナーランダのテーマは、「不易と流行」。今また大きな転換期を迎えている世界の中で、なにをどう変えたり守ったりしていっふえきりゅうこうたらいいのか、多様な講師陣と共に考えます。

今回の講師は、「社会的共通資本」を提唱し、近年再評価が高まる経済学者・宇沢弘文の長女で内科医の占部まり、元・銀杏BOYZギタリストで、現在は山口で農家・僧侶として暮らしている中村明珍、地球環境の変動や生命との相互作用を研究している生物地球化学者・吉田尚弘、古着をアップサイクルしたコレクションで注目を集めるブランド「SREU(スリュー)」の米田年範、そして、浄土真宗本願寺派の僧侶・赤井智顕と福間義朝。


講義だけでなく、特別プログラムも充実。雅楽と声明の音色、お香の香り、厳かに荘厳された空間を体感できる山口雅楽会による「特別法要」や、800年の歴史を持つ徳地和紙漉き体験、山口の郷土料理とくぢ「瓦そば」や精進スタイルランチもお楽しみいただけます。


オフラインの参加対象は15~29歳ですが、今回初の試みとなるオンラインではどなたでも視聴可能となります。未来が見通しづらい時代の中で、心の軸を作り、行動していくためのヒントとなる智慧や人との出会いが得られる場、「スクール・ナーランダ」をこの機会にぜひ体験してください。


定 員:《現地参加型》各日30名程度

    《オンライン参加型》定員なし

参加費:

《現地参加型》(会場に集合し全プログラムにご参加いただけます)

 ◎一般/1日3,000円、2日通し5,000円(いずれも昼食付き)

 ◎学生/1日2,000円、2日通し3,000円(いずれも昼食付き)※受付にて学生証を確認

《オンライン参加型》(ライブ配信にて一部プログラムを2日間ご視聴いただけます)

 ◎一般・学生/2,000円


申し込みページ>>https://nalanda6-yamaguchi.peatix.com/

※申込み締め切り:2022年2月7日(月)正午  先着順。定員になり次第、締め切りといたします。


広報素材はこちらから https://bit.ly/3zEK5Oa



閲覧数:2回0件のコメント