top of page

京都国立博物館 明治古都館がメイン会場に「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2024」開催決定!


国内外のトップアーティストと若手アーティストの才能が京都に集結

フェア史上初の3日間開催!次世代を担うフェアが、さらなるスケールアップで始動


京都府、京都新聞、ARTISTS’ FAIR KYOTO実行委員会は、歴史ある京都を舞台にしたアーティスト主導のアートフェア「ARTISTS' FAIR KYOTO 2024(アーティスツ フェア キョウト)」を2024年3月1日(金)から3月3日(日)に開催いたします。

本イベントは、次世代のアーティストが世に羽ばたくためのきっかけづくりとして、また来場者とアーティストとのコミュニケーションを生み出す場としてこれまでのアートフェアの枠組みを超えたフェアとして7回目を迎えます。

まだ見ぬアートシステムが生まれる事を願い「Singularity of Art( シンギュラリティ オブ アート)」をテーマに、ディレクターに椿昇、若手アーティストを推薦するアーティスト「アドバイザリーボード」には、本フェア初参加となるBosco Sodi(ボスコ・ソディ)、やんツーらを迎えた16組が並びます。出品アーティストは、アドバイザリーボードと公募により選出された可能性溢れる若手アーティスト45組。

メイン会場は、今回初となる京都国立博物館 明治古都館と例年インダストリアルな空間で作品を演出する、京都新聞ビル 地下1階に決定いたしました。この趣のあるユニークヴェニューで、ペインティングからテクノロジーを駆使したインスタレーションまで、多種多様な表現手法の作品を展示・販売いたします。さらに、京都の街中に展開するサテライト会場や若手批評家育成プロジェクトも継続いたします。

また、前回の「ARTISTS' FAIR KYOTO 2023 マイナビ ART AWARD」最優秀賞受賞者、宇留野圭による個展「CLEAN ROOM 清潔で空虚なある部屋の物語」が銀座・歌舞伎座タワー22Fに新設された「MYNAVI ART SQUARE」で2023年10月10日(火)から2024年1月20日(土)まで開催されています。 美術展とアートフェアをボーダレスにスケールアップしながら展開するフェアにご期待ください。 ARTISTS’FAIR KYOTO 2024

メイン会場

会 場:京都国立博物館 明治古都館(京都市東山区茶屋町527)

    京都新聞ビル 地下1階(京都市中京区烏丸通夷川上ル少将井町239) 

日 程:2024年3月1日(金)~3月3日(日)

時 間:京都国立博物館 明治古都館 9:30 ~ 17:00(最終入場16:30)

    京都新聞ビル 地下1階 10:00 ~ 17:00(最終入場16:30)

入場料:【単館券】京都国立博物館 明治古都館:一般2,000円/大学生1,000円(要・学生証)

    京都新聞ビル 地下1階:無料

【セット券】一般2,500円 / 大学生1,500円

    ※未就学児は無料(要保護者同伴)

    ※高校生以下無料(要・学生証)

    ※障がい者手帳等を御提示の方と付き添い1名までは無料


広報画像はこちらから

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page