top of page

詳細プログラム発表!「ARTBAY TOKYO アートフェスティバル2023」


長場雄によるVR作品を公開!多彩なアートに出会う、触れる、10日間

 アートプロジェクト実行委員会は、臨海副都心エリアを舞台にしたアートフェスティバル「ARTBAY TOKYO アートフェスティバル2023 ~CIRCULATION ~」を2023年9月15日(金)~24日(日)の10日間にわたり開催いたします。

「ARTBAY TOKYO」は、臨海副都心エリアをアートで彩るプロジェクトです。海を臨む開放的な空間で開催するアートフェスティバルは、今年で2回目を迎えます。

この度、長場雄による描き下ろし作品と最新のXR技術が融合した新作を公開するほか、物流コンテナを舞台に、新進アーティストたちのダイ

ナミックなインスタレーション作品を展示するなど、本イベントのプログラム詳細が決定いたしました。 約25のプログラムで臨海副都心エリアがアートに染まる


今年のテーマは「CIRCULATION-まちもひともせかいもめぐる-」。「循環」や「巡回」「周遊」を表す言葉から、先進的なテクノロジーを使った作品や サーキュラーエコノミーを意識したワークショップ、この場所ならではの素材を活用したインスタレーションなどを展開します。 会場では、約25のプログラムを通して、都市と人の関係性や、自然と人との共生、時間の循環を感じていただきます。「ARTBAY TOKYO アートフェスティバル 2023」の玄関口となる「シンボルプロムナード公園内 花の広場」や隣接する「シンボルプロムナード公園内 石と光の広場」では、街で暮らす人々の日常を温かみのある筆致で描き出す長場雄をはじめ、新進のキュレーター Yoshidayamar(吉田山) によるキュレーションのもと、今注目を集める現代アート作家がそれぞれの視座・手法を用いて表現するパースペクティブな作品展示を行います。

そのほか、街がまるごとアート作品になる、ダイナミックなARアート作品を用いた参加型アート体験やBMW GROUP Tokyo Bay、日本科学未来館などの施設で繰り広げられるワークショップ、ライブペインティングなど、臨海副都心エリアの屋外や屋内の複数の会場で、多彩なプログラムが行われます。

秋の気配を感じる9月、臨海副都心エリアの未来の風景を想起させるような、出会いに満ち

たアートフェスティバルを、ぜひお楽しみください。 イベント名:ARTBAY TOKYO アートフェスティバル 2023

日時:2023年9月15日(金)~24日(日)10:00~18:00 ※エリア・日時により異なる

場所:臨海副都心エリア

参加・入場料:無料

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page