第2回、循環型経済をデザインするグローバル・アワード「crQlr Awards (サーキュラー・アワード)2022」募集開始


コミュニティの課題を解決しようとする「ボトムアップな活動」を表彰する特別賞を新設。循環型社会に向けたプロジェクトを繋げるイベントも開催


株式会社ロフトワーク(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:諏訪光洋)と、世界中に拠点を持つクリエイティブコミュニティFabCafe Globalは、循環型経済をデザインするプロジェクトやアイデアを募集するグローバル・アワード「crQlr Awards (サーキュラー・アワード)2022」をスタートしました。応募受付期間は、9月1日(木)から10月14日(金)まで。


「crQlr Awards」は、国内初の“サーキュラー・デザイン*”分野のアワードとして、2021年にスタート。循環型経済の実現を目指す⼤規模なプロジェクトから計画中のアイデアまでを募集し、審査・表彰するとともに、持続可能な経済システムづくりを目指すプレイヤーたちが業界や国を超えてつながることで、新たな価値を創出するコミュニティの形成を目指します。


2回目の開催となる今回も、「直線型ではなく循環型の評価を行う」 「名声ではなく、行動のためのアワード」「グローバル視点を獲得できる」の3つの指標を掲げます。審査は、国内外の第一線で多様な分野で活躍する5名の審査員に、それぞれの地域で持続可能な活動に取り組む5名がFabCafe Globalから加わり、合計10名によるメンバーともに循環型経済の実現を目指す企業や人を応援し、その実現を模索します。


そして新たに「crQlr Awards 2022 特別賞」を設置。カテゴリやコミュニティの大小を問わず、コミュニティが持つ課題を解決するために生まれた活動・プロジェクトを募集し表彰します。さらに、プロジェクト同士が有機的に繋がることを目指すイベント「crQlr Meetup」も開催。

私たちの生活、環境、経済に寄与するサーキュラーなアイデア・プロジェクトの参加をお待ちしています。


募集サイト:https://awrd.com/award/crqlr-2022/

公式サイト:https://crqlr.com/ja/


※ サーキュラー・デザインとは…循環型経済(サーキュラーエコノミー)を目指す、製品やサービスのデザインのこと。デザインは仕組みの設計も含む。 ※ 広報素材はこちら



閲覧数:4回0件のコメント